アフロのプロフィール

本メディア「アフログ」の管理人ことアフロのプロフィールです。

私の経歴とアフログの構想をご説明させていただきます。

アフロとは?

アフロとは、2018年の12月に開始したツイッターアカウントです。

過激な内容や人を煽るような言葉ではなく、自分なりのビジョンと知見を発信するスタイルが共感を呼び、開始から1ヶ月でフォロワーが2000人を超えて、あっという間に人気アカウントとなりました。

発信するテーマは、WEBマーケティング、キャリア、結婚、子育てなどが中心です。

複数人で運用しているのではないかと言われることがありますが、アフロのツイッターは私が1人で運用しています。

アフロの中の人について

  • 仕事と3人の子育てに取り組む30代
  • 新卒でリクルートに入社
  • コンサルティングファームに転職した後に起業
  • 立ち上げたWEBメディアを上場企業に売却
  • その後ベンチャーでWEBマーケティングの責任者を担当
  • ヘッドハンティングされて外資系企業にマーケティングマネージャーとして入社

現在はWEBコンサルティング会社を経営しながら、外資系企業のマーケティングマネージャーとして引き続き働いています。

会社とは週2勤務の雇用契約に切り替え、サラリーマンと経営者の両立に取り組んでいます。

なぜそのような働き方を選んだの?

もともと

「自分で立ち上げたWEBメディアの運営」
「WEBに関するコンサルティング・制作・集客の企業案件」

を副業でやっていて、副業収入がサラリーマンとしての給料を大きく超えていました。

ただ、英語を使って他国のメンバーとグローバルに仕事を進める経験や、海外の最新のWEBマーケティングに関する情報は、外資系の会社に勤めていないとなかなか得られません。

そこで会社と相談・交渉し、週2日勤務という雇用契約に切り替え、サラリーマンと経営者の二つの働き方を同時に実現できるようにしました。

世の中には、サラリーマンのことを「社畜」という蔑んだ呼称で呼ぶ人もいますが、私はサラリーマンと経営者にはそれぞれ違った学びやメリットがあると思っています。

「自分が仕事において成長し、大きな価値を社会やクライアントに提供できるようになるために、現時点ではどういう働き方がベストなのか」

自分なりに考えた結果、周囲の方々の理解を得て、「サラリーマンと経営者の両立」に取り組んでいます。

アフログで目指していること

アフログ,構想

これからの日本は、少子高齢化によるマーケットの縮小と社会保障費の増大によって、必ず厳しい時代がやってきます。

だからこそアフログでは、企業のビジネスや個人の人生を大きく成功させるための情報を、自分が得意な「WEB」「マーケティング」の二つの視点から発信していきます。

情報発信だけでなく、様々なサービスも展開していきます。

それによって、今の子どもたちが大人になった時に、0.0001%でもいいからより良い社会を引き継げたらうれしいです。

企業からのご相談はWEBコンサル依頼で、個人のご相談はtwitterで受けています。

いつでもお気軽にご相談ください。