コンサル転職

外資系戦略コンサルへの転職で英語は必要?業務で求められる英語力は?

こんにちは。逆転のWEBコンサル・アフロです。

仕事内容、年収水準、キャリア構築の観点から外資系コンサルへの転職が引き続き人気ですが、そこで気になるのが「英語力」です。

「外資系コンサルへの転職で英語力は必要か?」

「業務でどの程度の英語力が求められるか?」

って意外と情報がないんですよね。

これは各ファームでけっこう事情が違うので、今日はその点も含めて「コンサル転職と英語力」について説明します。

ABOUT ME
アフロ / 逆転のWEBコンサル
アフロ / 逆転のWEBコンサル
マーケティング領域のインフルエンサー / フォロワー数 10,000人 / 起業&事業売却 / WEBコンサルティング会社、介護会社、オンラインサロンを運営 / 3児の父

ファームによって必要な英語力が異なる

戦略系の場合はファーム次第

求められる英語力は本当にファーム次第です。

具体的に言うと、マッキンゼーとベインはグローバルカルチャーを前面に押し出しており、高い英語力が求められます。

エントリーシートや筆記テストはもちろん英語で、面接も英語で行われる場合が多いです。(全てではありません)

逆に徹底的にローカライズを重視するBCGは、

「英語が話せない人は英語が不要なプロジェクトをやればいい」

というスタンスなので、英語力は必須ではありません。

もちろん英語を話せるとプラスではありますが。

ATカーニーも最近はそれに近い傾向があります。

総合系のファームは必須ではない

アクセンチュアやBIG4(PwC、デロイト、KPMG、EY)も英語は必須ではありませんし、選考は日本語で行われます。

もちろん英語を話せると仕事やプロジェクトの選択肢が広がりますし、有利なことはあります。

ただ、現実としていま中にいる人たちの話を聞いても、英語を話せない人の方が多いことが確認されています。

ファームのその時の方針によって変わる可能性はあるので、念のためエージェントに確認するようにしてください。

あわせて読みたい
外資系コンサルへの転職でおすすめのエージェント4社+α【体験談】こんにちは。逆転のWEBコンサル「アフロ」です。 先日、総合商社に勤めていた大学時代の後輩が外資系のコンサルに転職したということで...

英語が必要なファームでは仕事でどう使う?


英語を使用する案件を多く扱っているコンサルティングファームであっても、役職や場面によって必要になる英語力が異なります。

ここではどのような場面でどのくらいの英語力が必要になるのかをご紹介します。

新人のうちは英語が必要な場面が少ない

新人のコンサルタントの主な業務は、インタビュー・分析・資料作成です。

インタビューに関しては、英語が堪能な上司などが行う場合が多く、新人は同席が一般的です。

しかし、インタビューの内容を資料化する必要があるため、話していた内容を理解するための英語のリスニング力が必要です。

また、資料やプレゼン資料の作成には、英語の読み書きが必要です。

このように、新人のうちは想像されているよりも英語力が必要な場面がそれほど多くないでしょう。

ただ、新人のうちに英語力を上げておくと、今後の仕事をよりやりやすくなりますし、キャリアアップにも繋がります。

マネジャー以上の役職は英語が必須

マネジャーになると、海外出張をして現地の企業と打ち合わせや、外資系の企業に対してプレゼンテーションを行う必要があります。

役職が上がるほど、スピーキング力、リスニング力ともに高い英語力が必要です。

語学研修が提供される

英語力が求められるマッキンゼーやベインなどのファームでは、内定後に英語力判定テストを受けることになります。

そして結果に応じて、入社前の英語レッスンの受講をすることになります。

新卒で英語力が十分でない場合は、4月〜9月の半年間は語学留学することになります。

入社後も希望者は定期的な英語研修を受講できます。

外資のコンサルで出世するには英語がマスト

コンサル,出世,英語

これはコンサルに限らず、事業会社でも外資系企業で出世するには英語がマストです。

コンサルの場合はパートナークラスに外国人が一定数いるので、英語が話せないと彼らとコミュニケーションできません。

また、マネージャークラスになると海外のオフィスとのやりとりが発生します。

また、グローバル案件の獲得はファームにとって重要です。

マネジャー以上の役職を目指すのであれば、入社後からでも構わないので英語力の向上には取り組むべきです。

面接時にどのくらいの英語力が必要?

では、英語で選考が行われるマッキンゼーやベインのようなファームでは、どの程度の英語力が必要なのでしょうか?

具体的にTOEICやTOEFLのスコアで足切りされることはありません。

ただ、エントリシート・筆記試験(WEBテスト)・面接を英語でこなすには、TOEIC850点程度の英語力がないと厳しいと思います。

また、TOEICの点数が高くても、英語面接で自分の意見を伝えられることが大切なので、英語のプレゼンやスピーキングが重要になります。

ビジネス英語に強い「英会話教室」や「オンライン英会話」に通い、しっかり準備しましょう。

大事なのは英語よりケース面接対策

ケース面接,対策,英語

外資系コンサルに入る上で一番重要なのは「論理的思考力」であり、それを見られるケース面接です。

マッキンゼーやベインでさえも、入社段階では「英語力」よりも「論理的思考力」を重視します。

ケース面接とは、面接官がクライアントとして提示した課題に対して、どのように分析をして解決策を導き出すのかを確認するものです。

いわばシミュレーション面接であり、コンサルティング・プロジェクトの簡易版と言えるでしょう。

「docomoの売上を1.2倍にするにはどうすればいいか?」

「アルコール市場の縮小に対してビール会社はどうすればいいか?」

「ロイヤルホストの収支を改善するためにはどうすればいいか?」

ケース面接では、このような質問(プロジェクトシミュレーション)によって、応募者はコンサルタントの仕事に適した人物かを見極められます。

ケース面接は対策と準備なしでは難しい

ケース面接,対策

外資系・戦略系のコンサルティングファームに入るには、ケース面接のトレーニングをしっかり行い、「ケース問題の回答力」を向上させるとともに「慣れること」が大切です。

なぜこれを再三にわたって言うかというと、私の友人でベインアンドカンパニー出身の河野さんも、

「ケース面接は本当に練習と慣れが大事」

「地頭はすごく良いのに慣れてなくて落ちる人が多い」

「逆に地頭はそこそこでも、練習して慣れていれば内定をとれる」

といつも言っているからです。

ちなみに彼は、ベイン時代にコンサル業務に従事しながら、選考プロセスと選考基準の策定を担い、採用担当者として数百人以上と面接をしてきています。

だからこそ、外資系・戦略系コンサルを目指すなら、ケース面接のトレーニングをしっかり取り組みましょう。

ケース面接のトレーニングは、以下のような書籍で取り組むのが一般的です。

ただ、書籍によるトレーニングのデメリットは、

  • わからない部分を質問できない
  • 自分の回答に対してフィードバックや改善点が得られない
  • 1人でやるので模擬面接ができない
  • 気持ちが続かず途中でやめてしまう

といった問題があります。

なので、本当にコンサルに転職したい人は、河野さんが運営する『STRATEGY BOOTCAMP』を利用することをオススメします。

STRATEGY BOOTCAMP

これは簡単にいうと、外資・戦略コンサルに転職するための「養成所」です。

講義形式でケース問題のやり方について学び、実際に模擬面接とフィードバックを繰り返して、コンサル転職のトレーニングをするサービスです。

マッキンゼー、BCG、ベインといった外資系戦略コンサルの内定率が75%という、驚異的な実績を誇っています。

しかも、内定を獲得できなければ料金は発生しないという、まさかの「全額返金保証制度」がついています。

以下の記事で、サービスの内容について河野さんにインタビューしています。

アフログのこの記事に用意されているリンクから申し込むと、限定特典もついています。

あわせて読みたい
外資系戦略コンサルへの転職支援で内定獲得率75%!?これはどういう事?こんにちは。逆転のWEBコンサル「アフロ」です。 私は20代社会人からの転職相談に関しては、 「1社目の就職に失敗しても...

外資系戦略コンサルへの転職に興味がある人は、ぜひ読んでください。

関連記事