仕事・転職

第二新卒(1〜3年目)の転職の成功方法とおすすめエージェント【体験談】

こんにちは。アフロです。

私は新卒でリクルートに入社して1年目で転職し、その後も複数回の転職と起業を経て今に至ります。

1年目で辞める時は上司や周囲から

「逃げるヤツはどこにいってもダメだ」

「1年目で転職してもロクな会社に行けない」

「まず3年は同じ会社で働くべきだ」

などいろんなことを言われましたが、決してそんなことはありませんでした。

ちゃんと伸び盛りのいい会社に転職できましたし、そこで実力をつけ、順調に収入を伸ばすこともできています。

現在、当時の先輩や上司の誰よりも稼いでいる自信があります。

しかも今は少子高齢化による人手不足が進み、より転職しやすくなっています

ただ一方で、第二新卒、特に1年目で転職しようとするのは、企業からネガティブな見方をされるのも事実です。

企業も費用と労力をかけて採用しようとしているわけですから、「長く働いてほしい」「活躍してほしい」と思っています。

だから、社会人1〜3年目で転職活動をしている人に、「すぐ辞めるんじゃないか」「仕事ができないんじゃないか」という懸念を当然持ちます。

そこでこの記事では、

「社会人1年目・第二新卒で転職を成功させる方法とオススメの転職エージェント」

を私の体験談を交えながらお伝えします。

ABOUT ME
アフロ
アフロ
マーケティング領域のインフルエンサー / フォロワー数6300人 / 起業&事業売却 / WEBコンサルティング会社、介護会社、オンラインサロンを運営 / 3児の父

社会人1〜3年目で転職を成功させる4つのポイント

①面接で納得感のある転職理由を伝える

面接,転職理由

何よりもまず大事なのは、企業にとって納得感のある転職理由を伝えることです。

もちろん、社会人1〜3年目に限らず、転職には決してポジティブな理由だけではなく、ネガティブな理由もあるでしょう。

特に第二新卒や社会人1年目の転職なんて、ネガティブな理由があるに決まっています。

企業の人事や面接官だって、同じ社会人ですから、そんなことは分かってます。

でも、バカ正直に何でも話す人が、仕事がデキると思えますか?

嘘はつかず、その上で「話すべきこと」「話さないほうがいいこと」を考え、伝え方を工夫し、相手の納得感を得られるように話す。

これが一番大切です。

なぜなら、仕事ができるかどうかという点において一番大切なのは、「相手の立場に立って物事を考えること」だからです。

私の場合、もちろん会社と仕事がつらかったから一年目で転職したわけですが(笑)、エージェントとの電話面談や企業の面接では、その事には直接触れず、以下のように話していました。

ーーーーーー

「求人広告事業に配属され、新規開拓担当としてテレアポと飛び込み営業をやってきましたが、任されたリストの会社の2割が倒産していました。」

「それでも中には発注してくれる会社もあり、今の仕事のやりがいや魅力も少しずつ分かってきました」

「一方で、先輩方から昔の盛り上がっていた時代の話を聞いていると、もっと需要の大きな業界や成長産業で働かないと、ビジネスマンとして力がついていかないんじゃないかと感じるようになりました。」

「1年目で転職するのは本来良くないことも承知していますが、それでも、もっと需要の大きな場所で仕事をしない成長できないと考え、転職することにしました。」

ーーーーーー

前職の悪口など絶対に言ってはいけません。

転職活動とは愚痴を言う場ではありません。自分をPRする場なのです。

ネガティブなことで言ってもいいのは、

  • 会社でパワハラや不正が起きている
  • 給料の未払いや残業代の不払いがある
  • 業界的に先行きがない
  • 個人の力ではどうにもならないほど会社の財務状態や業績が厳しい

などのように、誰が見ても納得感を得られるものだけです。

今の仕事に向いていないとか、上司と相性が合わないとか、そういうことは絶対に言わないようにしましょう。

②会社と仕事内容について入念に調べておく

面接,準備

面接官は面接を通じて「仕事ができるかどうか」を評価するわけですが、大きく言えば

  • スキルと実績
  • これまでの経験
  • 面接での振る舞い

の3つからそれを判断しているわけです。

そして、「準備」というのはあらゆる仕事の基本なので、面接に対してきちんと準備ができていないと、

「この人は普段の仕事もちゃんと準備しないんだろうな」

という風に見えてしまうのです。

また、会社や仕事についてきちんと事前に調べ、面接でこちらからも質問をして理解を深めないと、良い転職先を選ぶことができません。

会社と仕事内容について入念に調べ、理解を深めた上で、面接に臨むようにしましょう。

③仕事の経験から得たことを伝える

面接,仕事,経験

社会人1〜3年目で転職を考える人の中には、

「大したスキルも経験もないので、面接で何をアピールすればいいかわかりません」

という人が多くいます。

どうしても年数が浅く、自信が持てない気持ちはよくわかります。

でも、第二新卒は基本的にポテンシャル採用です。

だから、本当の意味で即戦力となる経験やスキルをアピールする必要はありません。

これまでの経験やスキルに関する質問で見られているのは、

「日々の仕事の中でどのように学び、成長する人材なのか」

という点なのです。

例えば私の場合、社会人一年目の転職時の面接で「現職の経験をうちの会社ではどう活かせそうですか?」と聞かれると、以下のように答えていました。

ーーーーーー
求人広告は今は媒体がたくさんあり、ただ御用聞きをするだけではなかなか売れません。

いろんな先輩方に同行させてもらうと、

「企業の経営戦略を深く理解する」
「経営戦略を踏まえて必要な人材要件を明確にする」
「必要な人材を採用するため筋の良い施策を提案する」

というコンサルティング的な機能を発揮している人ほど、大きな成果を出していることに気づきました。

そのためには、クライアントの事業について調べ、自分なりの仮説をもって質問しないといけません。

また、様々な他社事例を調べる必要もありますし、自分だけでは実現できない施策も多いので、社内やクライアントを巻き込むことも必要です。

こうした動き方やそこで求められるソフトスキルは、御社の仕事にも共通するものがあると思っています。

これから御社で働く上で必要な知識やスキルを身につけつつ、前職の経験も活かして活躍できるように頑張りたいです。

ーーーーーー

④親や家族には相談済みと伝える

面接,親,家族

ちょっとレベル感の低い話に見えるかもしれませんが、これは意外と大事なんです。

というのも、私は採用側の仕事もたくさんやったからわかるのですが、社会人1〜3年目だと親が転職に反対して内定辞退されることが時々あるんです。

また、第二新卒層には少ないですが、20代後半以降だと奥さんの反対にあって内定辞退するケースも散見されます。

いわゆる「親ブロック」ですね。

企業は第二新卒の採用時にそのリスクを考慮しています。

だからこそ、話の流れで自然に「親とも相談して転職することにしました」と言いましょう。

そうすると、「親御さんも転職した方がいいと感じているんだな」という印象にもなりますので、その点においても重要なテクニックです。

第二新卒におすすめ転職エージェント

私は転職活動の時は基本的にエージェントを使います。

膨大な求人案件の中から、自分で良い案件を探すのは、忙しい社会人にはとても難しいです。

こちらの希望を聞いた上で、専任のキャリアアドバイザーが「この案件はどうですか?」という形で紹介してくれるので、エージェントを使った方が転職活動は圧倒的に楽です。

また、転職サイトよりもエージェントの方が企業の手数料が高いので、そもそも良い会社が多いというのもあります。

特におすすめのエージェントは、以下の3つです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

実際に社会人一年目の転職では、リクルートエージェント経由で転職しました。

第二新卒に限らず、毎回の転職で利用しています。業界最大の転職エージェントなので、求人案件も豊富ですし、好条件の案件も多いです。

また、東京に限らず、地方の案件も充実していますね。

「第二新卒求人の特集」などもよく掲載されているので、ぜひ登録して見てみてください。

リクルートエージェントに
登録する

doda転職エージェント

doda転職エージェント

「dodaエージェントサービス」は、年間18,000人の転職成功実績をもつ転職エージェントです。

リクルートエージェントに劣らず、大手の求人案件が充実しています。

同じ求人案件を持っていても、キャリアアドバイザーの裁量で紹介してもらえる場合とそうでない場合があります。

だから、私は必ず『リクルートエージェント』と『dodaエージェントサービス』は両方使います。

doda転職エージェントに
登録する

type転職エージェント

type転職エージェント

『type転職エージェント』は、大手から目がベンチャーまでIT系やWeb系の求人が充実しています。ITもやってる超大手メーカーの求人案件等も多く持っています。

私はWeb系の仕事を始めてからは毎回使っていて、3回目の転職先はtype転職エージェントから紹介された会社でした。

個人的には転職者に一番寄り添ってくれるイメージの強いエージェントですね。

IT系やWeb系に転職したい人なら、利用は必須だと思います。

type転職エージェントに
登録する

その他のおすすめの転職支援サービス

ビズリーチ

ビズリーチ

『ビズリーチ』は転職サイトで一番長く使っていて、独立した今も良いスカウトメールがくるのでよく眺めています。

「ハイクラス向け」の転職サイトなので、年収500万円以上じゃないと良いスカウトメールがこないと言われていますが、これは年齢によります。

採用側もやっていたから分かるのですが、ハイクラス層でも社会人3年目ぐらいまでは年収が高くないんですよね。

だから、第二新卒層の場合は年収400万円でもスカウトメールを企業は送ります。

登録するだけで「企業」と「具体的な案件を持った転職エージェント」の両方からスカウトメールが届くので、すごく便利です。

また、企業のレベルや求人の質は他の転職サイトに比べてかなり高いので、おすすめです。

ビズリーチに
登録する

Wantedly(ウォンテッドリー)

wantedly,ウォンテッドリー

『Wantedly(ウォンテッドリー)』は、Web系企業やスタートアップ企業、インターンの求人が多く掲載されている転職サイトです。

Wantedly内でブログを更新して情報発信している企業も多く、企業の雰囲気をつかみやすいです。

ほかの求人情報サイトと比べて掲載料金が安いため、ベンチャーの情報が非常に充実しています。
私も2回目の転職は、Wantedly経由で転職しました。

良いベンチャーを自分で探して見つける「目利き力」が求められますが、「思い切ってベンチャーに挑戦して成長したい」という方にはおすすめの転職サイトです。

wantedly
公式サイト

そうだんドットミー

そうだんドットミー

もし無料で転職エージェントに相談することに気がひけるなら、『そうだんドットミー』がおすすめです。

「そうだんドットミー」は、転職エージェントの経験者や、優秀なビジネスマンなど、さまざまな経験をもつ人たちに匿名で相談できるサービスです。
転職エージェントと違って、利用する際には料金がかかりますが、幅広く意見を聞きたい時にはおすすめです。

◆2019年10月現在の料金

  • 45分:7,380円
  • 60分:9,800円
  • 90分:14,800円

そうだんドットミー
公式サイト

転職しようかどうか迷っている方へ

私は別に必ずしも転職しなくてもいいと思います。

人それぞれ転職するのにベストなタイミングがあります。

一つの会社でずっと活躍する人も当然います。

ただ、個人的な経験からいうと、今は転職する気がなくても転職サイトに登録しておいた方がいいです。

なぜなら、ストレス・疲労が限界に達すると、転職エージェントや転職サイトに登録する気力すら無くなるからです。

気になる求人情報をストックしておくだけでも、「転職という選択肢」ができ、

  • キャリアや出世が思い通りにいかなくなった
  • 合わない部署や仕事の配属になった
  • 理不尽な上司の下についた
  • 会社の業績が厳しくなった
  • 過労やうつで働けなくなった

という時に過度な不安にかられることなく、すぐに手を打つことができます。

転職エージェントや転職サイトは登録無料です。

希望条件にあった新規求人やおすすめ求人がメールで届くので、今は転職するつもりがあまりなくても登録しておくべきです。

私は、コンサル時代の鬼上司に「転職エージェントへの登録はビジネスという戦場でのお守りなんだ」と教えられました。

転職エージェントに登録し、いろんな選択肢を持つことで、キャリアをより良いものにしましょう。

関連記事